お問い合わせ サイトマップ
悩む前に、まずは安心の無料相談! お電話でのお問い合わせ 無料相談ダイヤル0120-339-417 メールでのお問い合わせ
会社案内
  • 広島市中区上八丁堀8-26
    メープル八丁堀2階

    (女学院電停から徒歩2分)
    詳しい地図はこちら
  • 営業時間
    月〜金 9:00〜19:00

    ※上記時間が難しい場合は
    事前にご予約頂ければ
    土.日.祝日や営業時間外も
    ご相談に応じます
漫画「カバチタレ」のモデルでおなじみ。広島の司法書士事務所 セブン合同事務所 特上カバチ!!田島隆・東風孝広 公式HP マイベストプロ広島

コラム

『カバチタレ!!のつぶやき』Vol.1

2010.11.30

【カバチタレ−若き頃は裏稼業??】
週刊モーニングで、先週一つの章が完結した・・・
このお話のつぶやき・・・

初秋の頃だったか、『特上カバチ!!』の原作者田島くんからの電話あり。
田島−『今度、大野先生の若い頃を題材にしてカバチを書きたい』
『ついては極貧の生活から7つの異業種を転職し一念発起して資格を取ったと言う、単なる 波乱万丈の成功物語では漫画としては面白く ないので、行政書士・司法書士に成る前の その仕事は裏稼業の事件屋として名を馳せ、加えて奥様にも 水商売で貢がせるような〜 の設定としたいのですが如何でしょうか?』

大野−『フィクションの世界だとはいえ、一般の読者はある程度までは事実だと思い込んでし まう部分もあるんよね・・
こないだも得意先の若い営業マンが、−先生のところは相続手続きや登記関係で結構お忙しいのに、カバチタレに出て来るような仕事をこなすのはすごいですね−』
と感心されてしまったのには苦笑いしたが、『私の若い頃を裏稼業の事件屋にするのは 100歩譲って何とかOKだが、妻の水商売でウンヌンは絶対にダメだよ。』

田島−『分かりました、それでは奥様に替えて恋人で許可してもらえませんでしょうか?』

大野−『うぅん・・・まあそれならOKとしょうか・・・』

田島−『有難うございます−面白い連載にします』

こんなやりとりで始まった連載『大野所長の過去』は、漫画としては確かに面白い・・・
読者を引きつけるものが確かにある・・
しかし、やはりである!
とある得意先主宰の忘年会での複数参加者からこんな声があった。
『大野先生は凄いですね。』
『若い頃は凄まじい生き方だったんですね。』
『事件屋をされていたとは知りませんでした。だから迫力が違うんですね。』
などウンヌンと・・

大野−『一寸試してみませんか?例えば貴方から相続手続きサポートの依頼を受けて鳥瞰図的 かつ、適格に処理する私のその生の姿を見て頂ければ、案外親しみ易い等身大の大野の 姿が見えるとおもいますよ・・
と酒席ならではの軽い受け流し方をしたものである。

いずれにせよ、漫画カバチタレのモデルとなったことによってその認知度UPは間違いない事 実なれど、これらの事はある種、笑って甘受すべきことなんだよなーと日々微苦笑する最近 のカバチタレこと大野であります。

この章を見逃した方は、単行本を・・・