お問い合わせ サイトマップ
悩む前に、まずは安心の無料相談! お電話でのお問い合わせ 無料相談ダイヤル0120-339-417 メールでのお問い合わせ
会社案内
  • 広島市中区上八丁堀8-26
    メープル八丁堀2階

    (女学院電停から徒歩2分)
    詳しい地図はこちら
  • 営業時間
    月〜金 9:00〜19:00

    ※上記時間が難しい場合は
    事前にご予約頂ければ
    土.日.祝日や営業時間外も
    ご相談に応じます
漫画「カバチタレ」のモデルでおなじみ。広島の司法書士事務所 セブン合同事務所 特上カバチ!!田島隆・東風孝広 公式HP マイベストプロ広島

コラム

相続対策コラム
〜もしも認知症になったら(2)〜

2016.8.26

前回、家族信託を取り上げましたが、その後、問い合わせなどが多くあったため、今回も同じテーマを取り上げます。

よくあったのは、家族信託をするためにはどうしたらいいのか、ということでした。
家族信託をするにあたっては、その信託によって何をしようとするのかをしっかりと決める必要があります。

また、だれにお願いするのかが重要です。自らの思いを託すことができる人(受託者といいます)を誰にするか、誰にお願いできるかという点は極めて重要な点となります。
そして、上記のことをしっかり考えた後には、その内容を過不足ない形で文書(信託契約書といいます)を作成する必要があり、その契約書は公正証書で作っておくのが望ましいといえます。

当センターでは、家族信託について、そもそもどういうものなのか、どのようなことができるのか、どのような制度設計をしたらいいのか、などなんでも相談に乗っておりますので、遠慮なくお問い合わせください(相談は無料)。