お問い合わせ サイトマップ
悩む前に、まずは安心の無料相談! お電話でのお問い合わせ 無料相談ダイヤル0120-339-417 メールでのお問い合わせ
会社案内
  • 広島市中区上八丁堀8-26
    メープル八丁堀2階

    (女学院電停から徒歩2分)
    詳しい地図はこちら
  • 営業時間
    月〜金 9:00〜19:00

    ※上記時間が難しい場合は
    事前にご予約頂ければ
    土.日.祝日や営業時間外も
    ご相談に応じます
漫画「カバチタレ」のモデルでおなじみ。広島の司法書士事務所 セブン合同事務所 特上カバチ!!田島隆・東風孝広 公式HP マイベストプロ広島

コラム

相続対策コラム
〜相続対策に「家族信託」という選択肢を考える(1)〜

2015.02.27

「信託」というと、言葉の通り「信じて財産を託す」ということなので何となく理解はできるが、具体的な中身について「信託とは何か?」となるとピンとこない方が大半と思われます。

それもそのはずで、生活の中で活用することが殆どないため一般にはあまり認知されていないのが現状だろうと思います。
活用する術を知っている人自体が少ないのも一因としてあり、そもそも「信託」そのものが日本の社会では受け入れにくい制度なのではなかったか?ということもあります。
その「信託」について、非常に奥が深いのですが、大変有用な制度ですので、簡単ですが説明と活用方法を考えていきたいと思います。

まずは「信託を知る」ことからになりますが、「信託」とは、A(自分=委託者)がその所有する一定の財産を、自分の財産から切り離し、B(信頼できる人=受託者)に託す。託されたBは、財産をB名義に移し、Aが定めた一定の目的に従って管理・運用・処分し、財産や運用益をA又はC(利益を受ける者=受益者=配偶者・子・孫等あらかじめ定めた者)に給付あるいは財産を引き渡し、あらかじめ定めた目的を達成することです。

基本的な信託の仕組みを図にしました。



次回は、具体的にどういった場面で活用できるのかを例示したいと思います。

各ご家庭・親族間の様々な問題を踏まえて、ベストな解決を目指して適切なアドバイスも無料相談にて受付しておりますので、ご活用下さい。